志鷹美紗さんの CD 紹介 ① – 「 志鷹美紗ピアノ・リサイタル 〜 ダンテを読んで 〜 」

こんばんは。

いよいよ『 志鷹美紗ピアノリサイタル 東京公演 』( 2019年9月23日 〔月・祝〕) まで、あと2ヵ月となりました。志鷹さんの生演奏をまた聴けることを楽しみにしながら、今回のブログより数回に分けて、志鷹さんが今までにリリースされた CDアルバムについて書きたいと思います。

1回目の今回は 「 志鷹美紗ピアノ・リサイタル 〜 ダンテを読んで 〜 」 です。

このアルバムは志鷹さんのデビューアルバムで、 志鷹さんが 2012年5月27日 に東京文化会館で行ったリサイタルでの演奏を中心に構成されています。この日のリサイタルは志鷹さんがベルリン留学から戻られてから初めての東京での大きなリサイタルでしたが、『 音楽現代 』の演奏会批評では「 華やかな展開の中に歌心が伝わるピアニスト 」と高い評価を得ました。⇒ 当日のプログラム( PDF )

「 志鷹美紗ピアノ・リサイタル 〜 ダンテを読んで 〜がリリースされたのは、2014年1月。その後、志鷹さんは CD発売記念コンサートとして、広島ザビエルホール、横浜フィリアホールでのリサイタルに出演し、『 月刊ショパン 』にて「 軽やかにしなやかに鍵盤を支配する実力派 」と評価されました。

このCDに収録されている曲目は 以下の通りです。

◇ ラヴェル/鏡

1.蛾

2.悲しき鳥たち

3.海原の小舟

4.道化師の朝の歌

5.鐘の谷

◇リスト

6.ため息

7.イゾルデの愛の死

8.ダンテを読んで ~ ソナタ風幻想曲 ~

以上

1・2・3・4・5・8 が 前述の東京文化会館でのリサイタル( 2012年5月27日 )での演奏を収録したもので、6は広島流川教会で録音、7は広島文化学園HBGホールで録音されました。

僕は現在、志鷹さんのCDをすべて持っていますが、最初に購入したのがこのCDでした。志鷹さんのデビューアルバムの曲の多くがリサイタルでの演奏を収録したものだと知ったとき、驚きました。なぜなら、リサイタルでは演奏のやり直しがきかないからです。

プロのピアニストがご自身の演奏に求めるレベルは凡人の僕には想像できないぐらい高いものだと思いますが、聴衆はとても感動的で素晴らしい演奏だと感じてもピアニストご自身は自分の演奏に100%は満足していない場合もあるかもしれないわけで、リサイタルでの演奏をご自身のデビューアルバムにするという志鷹さんのプロ意識はすごいと思いました。

このCDを制作したアルペンMO企画は、CDのブックレットに次のように書いています。

このCDでは志鷹美紗さんの演奏が集中力を増して高揚して行く過程が非常によく収録され、ラヴェル・リストの世界へ誘ってくれます。

僕は2017年9月に志鷹さんの演奏を You Tube で初めて聴いて志鷹さんの演奏が好きになり、2018年3月にこのCDを購入したのですが、このCDを聴いて志鷹さんが奏でるピアノの音色にさらに魅了されました。特に、演奏時間が約17分という大作の『 ダンテを読んで ~ ソナタ風幻想曲 ~ 』では、志鷹さんの演奏が創り上げていく崇高な世界に深く感動しました。

『 ダンテを読んで ~ ソナタ風幻想曲 ~ 』 はリストが1837年7月から1839年11月にイタリアを旅行している間に読んだ中世の詩人ダンテ( 1265年 -1321年 )の叙事詩『 神曲 』からインスピレーションを得て創作したといわれています。

この 『 神曲 』については、概要は知っていたものの、最初から最後まで読んだことはなかったのですが、志鷹さんのこのCDの曲目に『 ダンテを読んで ~ ソナタ風幻想曲 ~ 』があることを知り、すぐに購入しました。

3冊合わせて1500ページを超える作品で、とても読みごたえがありましたが、読み終えてから志鷹さんのCDを繰り返し聴くことで音楽と文学の融合による知的高揚感を思う存分味わうことができました。僕は音楽鑑賞と読書がとても好きで、晩年にはペットと暮らしながら音楽鑑賞と読書に毎日明け暮れるような生活をするのが夢ですが、2018年の春から夏にかけて経験したこの知的高揚感により、その夢がさらにふくらみました。

さらに、2018年9月8日(土)に東京の銀座ヤマハホールで行われたピアノリサイタルでも志鷹さんの演奏による『 ダンテを読んで ~ ソナタ風幻想曲 ~ 』を聴く機会に恵まれて、2018年はダンテとリストが描いた世界にたくさん触れることができた貴重な年になりました。

志鷹さんのこのCDは、ラヴェルとリストが好きな方はもちろんですが、 『 ダンテを読んで ~ ソナタ風幻想曲 ~ 』 が特に好きな方や『 神曲 』を読んだことがある人、読もうと思っている方にもおススメです。CDは 志鷹さんのウェブサイト から購入できるそうです。

最後に、志鷹さんによる リスト作曲 『 ため息 』の演奏映像を共有して終えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ピアノ愛好家。特に好きな作曲家はベートーヴェン、ショパン、ジョージ・ ウィンストン。ピアニストでは志鷹美紗さんの演奏が一番好きです。田舎暮らし。読書と動物と美術鑑賞も好き。